スキンクリニック

かっつ

どうも、かっつです♪

今回は、
・ズワイガニの種類は?
・ズワイガニの特徴は?
・ズワイガニを食べるならいつが旬?
・ズワイガニの相場(価格)は?

といった疑問にお答えします。

カニ好きな私が「ズワイガニ」について詳しくてまとめてみましたので、最後まで見ていただけると嬉しいです。

それでは、見ていきましょう♪

スポンサーリンク

ズワイガニの種類は?

かっつ
ズワイガニは、さらに、本ズワイガニ、大ズワイガニ、ベニズワイガニに分けられます。

本ズワイガニ

細くて長い脚に、ギッシリ身が詰まっていて、上品な甘みが特徴で、濃厚なカニみそがおいしいです。

カニ本来の味を楽しめます。カニしゃぶにぴったり!

大ズワイガニ

身が硬く、甘さが控えめ。大きさによっては、本ズワイガニ以上のお値段になることも。

ほとんどがロシア産。カニしゃぶにどうぞ!

ベニズワイガニ

加熱すると身が縮みます。日本海やロシアで水揚げされます。

身が詰まったものは、本ズワイガニや大ズワイガニ以上の美味しさです。

ズワイガニの特徴は?

かっつ
長い10本の脚が特徴で、15㎝前後の甲羅サイズのオスなら、脚を伸ばすと約70㎝になります。
メスはオスの半分ぐらいの大きさです。

ズワイガニとして市場に出回っているのは、ほとんどがオスになります。

メスがオスより小さいのは、短期間の間に繰り返す産卵のため、途中で成長が止まるからだそうです。

オスのズワイガニは、獲れる地域などによって呼称が異なります。

オスのズワイガニは、越前ガニ、松葉ガニと言います。

聞かれたことあるビッグネームですね。

メスの方は、メガニ、オヤガニなどと呼ばれています。

生息地域は、日本海、北太平洋、オホーツク海などの深海です。

日本海では、北海道と兵庫県の漁獲量が多く、冬になると北海道や城崎温泉などがカニを求めて多くの方が訪れます。

ズワイガニの旬は?

かっつ
カニと言えば、冬の味覚ですが、北海道で獲れるズワイガニはオホーツク海の流氷が解ける4~5月の春が旬になります。

 

北海道のズワイガニの漁獲は、オホーツク海の環境に左右されます。

流氷に閉ざされる冬の間は、実質的にカニ漁は難しくなり、氷が解け始める3~4月ごろからカニ漁が始まり、徐々に漁獲量が増えていきます。

北海道のズワイガニのベストシーズンは、春になります。

美味しく、かつリーズナブルになります。

かっつ
島根県でもズワイガニは獲れます。

北海道とは異なり、11月ごろから1月にかけてが、ズワイガニ、ベニズワイガニの旬になります。

北海道に比べると漁獲高は格段に少なくなります。

もし、山陰名物の松葉ガニを希望されるのなら、早めに予約することをおすすめします。

繊細な味わいが特徴です。

ズワイガニの相場・価格は?

かっつ
ズワイガニは、日本で最も流通量の多いカニです。
相場は、1㎏で5,000~8,000円ぐらいですが、通販サイトは、流通経費の削減で、1㎏3,000~6000円とお安く提供されています。
ただ、通販サイトは信頼できるサイトを選ぶ必要があります。
私も何度かリピートしていますが、網走水産←なら、選りすぐりのカニだけを扱っているので安心です♪

カニの鮮度や味は言うまでもなく、贈答用としてもきちんとした包装なので、安心して贈れます。

カニ中のカニ、高級ズワイガニが、お求めやすい価格で買い求めることができるのはうれしいですね。

大きさは500g~2㎏まで色々取り揃えています。500gでも、身がぎっしり詰まっていますから、納得できます。


スポンサーリンク
おすすめの記事