どうも、かっつです♪

「ひみぶりフェア in TOKYO」に招待されたので、渋谷に行ってきました!!

しかも、「富山県氷見市」と「かっつ飯」がコラボすることに!笑

ひみぶりフェア IN TOKYO の概要
「氷見の寒ブリ」をどこよりも早く味わえるイベント「ひみぶりフェアinTOKYO」が渋谷で開催。会場では氷見の料理人が目の前でさばく「ひみぶり解体ショー」や富山出身のフードディレクター・田中真紀子が手がける「ひみぶりグルメブース」など、新鮮かつ絶品の「氷見の寒ブリ」を味わえる。
スポンサーリンク

富山県氷見市(ひみ)とは

富山県の北西、能登半島東側付け根部分にあり、人口は約5万人、漁業・農業を産業の中心としています。
「氷見」と書いて「ひみ」と読ませるのは全国的にも珍しく、その由来については、「海をへだてて、立山連峰の万年雪が見えることから氷見」となったらしいです。

スポンサーリンク

氷見ブリの解体ショー スタート

ひみぶりフェア実行委員長で、県認定「食の語り部」の杉木克己委員長が朝どれのブリを解体していきます!

脂がめっちゃくちゃのってうまそう!!

ヨダレはんぱねぇー(^q^)

大皿に盛り付けていきます!!

完成!!

めっちゃうまそう!!

氷見ぶりの試食会 開始

会場はめっちゃくちゃかわいいギャル(モデル)達でいっぱい!!

ぼっちだったので一人で乾杯。笑


会場にギャル(モデル)がたくさんいたのに全然話掛けられない。

シャイボーイ。(嘘

話しかければ良かったな。

まずは、氷見ぶりの大トロの部分をいただきます!!

醤油はコレ!!

本川藤由商店 ブリンスしょう油 160ml×5本セット

 

『ブリンス』とは海の王子様「プリンス」と魚の王子様「ブリ」の掛け言葉からネーミングしたらしいです。

気になる氷見ぶりの味は・・・。

脂がのってめっちゃくちゃうまーーーい!!

口の中に入れた瞬間、ブリの身がとろけて口の中で旨味と甘味が広がります。

続いて、ぶり大根!!

残ったアラを豪快に鍋にぶちこんで、調理します。

完成品はこちら。

大根にぶりの旨味が染み込んでめっちゃくちゃうまい!!

こんなおしゃれな料理もありました。

氷見ぶり×かっつ飯 コラボ丼

1.氷見ぶりの大トロ丼

氷見ぶりの大トロの部分を使った超豪華なかっつ飯です。

これにブリンス醤油をかけていただきます。

ご飯一杯じゃ足りない。笑

2.氷見ぶり丼

氷見ぶりの刺身を14枚、丼にのせてみました♪

インスタ映え半端ないっ!

ギャル達から写真撮られまくる。笑

感想

正直、ブリよりギャルの方がピッチピチでした♪

うそです。本当はブリの方がピッチピチで美味しかったです。

ごちそうさまでした!!

↓美味しそうと思ったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事