どうも、かっつです♪

ブラウンクラブ(ヨーロッパイチョウガニ)という珍しい蟹を買ってきたので、蒸し方とさばき方について説明します。

スポンサーリンク

ブラウンクラブ(BrownCrab)とは

ブラウンクラブとはヨーロッパイチョウガニとも呼ばれ、イチョウガニ科の中では非常に大きくなる種類です。大きく硬い甲羅や爪の中には風味豊かな蟹肉があり、その味の良さにも定評があります。特にミソや内子は非常に多く、そして濃厚な味をしています。クリームのように滑らかで大量のミソを、身と一緒に食べれば、手が止まらなくなる旨さです。

スポンサーリンク

ブラウンクラブの蒸し方

蒸し器がなかったので、電子レンジの「オーブンスチーム」機能を使用してブラウンクラブを蒸してみました。

使用した電子レンジは、東芝の石窯ドーム(過熱水蒸気オーブンレンジ)です。


東芝 ER-RD3000-W グランホワイト 石窯ドーム [過熱水蒸気オーブンレンジ(30L)

トレーにブラウンクラブの腹を上にして、レンジの上段にセット

蒸しモードでとりあえず、20分。

20分後・・・・。

全然、甲羅が赤くなってない。笑

全然火が通ってない。笑

どうやら、トレーを上段にセットしてしまったため、スチームがうまく循環できなかったようです。説明書を見ると下段にトレーをセットするように書いていました。笑

結局、茹でることに…笑

ブラウンクラブのさばき方

ブラウンクラブのさばき方と解体方法について説明します。

1.ブラウンクラブの腹を上にします。

2.脚を外します。

3.腹の下にあるふんどしを外します。

4.甲羅を外します。

甲羅の両脇を押して、親指で蟹のふんどし部分を剥がします。

5.蟹のエラを取り除きます。

6.胴体部分を包丁で真っ二つにします。

以上で解体作業は終わりです。

後は、甲羅の中から蟹味噌、脚から蟹身をとってください。

ブラウンクラブ丼の作り方

解体した蟹の身と蟹味噌、マヨネーズ、塩で味付けして和えます。

それをご飯の上にのっければ出来上がりです。笑

いただきます♪

蟹味噌は濃厚でまろやか。蟹身はやや固めだけど美味しい♪

ただ、毛蟹と比較するとやや劣ります。日本で流行らないのはそのせいかな。

ごちそうさまでした。

▼おすすめの海鮮丼

 

スポンサーリンク
おすすめの記事