どうも、かっつです♪

久世福商店で「気仙沼ホルモン(塩味)」を買ってきたので、丼にして食べたいと思います!!

スポンサーリンク

気仙沼ホルモンとは

宮城県気仙沼市を中心とした地域で食べられてきた豚のホルモン焼き料理

気仙沼ホルモンの特徴
以下の3つの特徴があります。

  1. 生の豚のモツを用いる(ボイルしない)
    小腸・大腸・ガツのみならず、ハツやレバーも用いる。
  2. 味噌ニンニクだれに漬け込む。普通は唐辛子も入れる。
  3. 千切りキャベツにウスターソースをかけて、焼いたホルモンと一緒に食べる。

味噌・にんにくベースのホルモンが気仙沼ホルモンの特徴のようですが、今回使用するホルモンは”塩味”です♪

味付けは「にんにく、食塩、香辛料、ごま、ごま油、アミノ酸」。

スポンサーリンク

B級グルメ 気仙沼ホルモン丼(塩味) の作り方

1.フライパンで中心部まで十分加熱します。


めっちゃくちゃうまそう!!


2分後・・・。

臭いし、汁がきたねぇー。
フライパンでホルモン焼くとこうなっちゃうから嫌なんだよね。

2.ご飯に盛り付けます。

実食

ぷりっぷりっのホルモン。

いただきます!!

ホルモン特有の臭みが残っていますが、全然イケる!

奥さんは、臭すぎて食べられないって言ったたけど、この臭さがオカズ。笑

ごちそうさまでした!!

↓美味しそうと思ったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事