どうもかっつです♪

またまた、山形県新庄市にある「かもん ~ 十割蕎麦と鴨料理」と「かっつ飯」がコラボすることになりました!!

今回は、最上(もがみ)鴨を使った「鴨鍋(鴨すき)」を作りたいと思います♪

かもん×かっつ飯コラボ企画第一弾の記事は↓から♪

スポンサーリンク

最上鴨(もがみ)って何?

山形県最上郡内で飼育される、チェリバレー種を原種とした国産鴨。
地鶏のようなのびのびとした平飼い環境で、齢90日以上の長期飼育を行うことにより、旨味と脂身がしっかりと乗った鴨に育ちます。
また、同県産の米は昼夜の寒暖差により甘みが強くなることが特徴。
この米を飼料として与えることにより、鴨肉特有のクセを抑え、上質な脂身の甘さが際立つ鴨になりました。

スポンサーリンク

最上鴨の鴨鍋(鴨すき) 準備

まずは、鴨肉の団子作り

ニンニク、生姜、醤油、めんつゆ、ごま油、ネギ等...

素材の味を台無しにするような味付けにする。笑

なんか、途中でネギ刻むの面倒くさくなって適当に放り込む。笑

しかも、ミンチの量に対して、ネギ少なすぎ。笑

男飯ってことで許してください。

 

適当にしちゃだめだろ!!

コラボ企画なのに適当に調理してすみませんでした。

とりあえず、味を馴染ませるために冷蔵庫に入れときます。

寝かせている間に最上鴨のロースともも肉を切ってきます!!

周りはロース肉、中央部はもも肉の盛り合わせ!!

寝かせていたミンチ肉を丸めて盛りつけます。

真ん中に白髪ねぎを盛りつければ完成です!!

最上鴨の鴨鍋開始

鴨のもも肉の脂身部分を鍋で熱し、その脂を利用してネギを焼きます。

ネギに焼き目が付いたら、めんつゆ、水、酒、みりん、醤油などを投入。

具材は鴨とネギのみ。

めっちゃシンプル鍋。

ネギの上に鴨肉をのっけて煮ます。

うわぁーめっちゃくちゃうまそうです♪

 

卵に鴨肉を付けて頂きます!!

めっちゃくちゃうまい!!

鴨の旨味がやばいwww

鴨のもも肉は、柔らかし。

ロース肉は、噛めば噛むほどうま味がでてくる。

なんだろう。

すごい中毒性がある。

無限に食べられそう♪

鴨の肉団子を投入。

味付け適当だったけど、すごく美味しい♪

〆のラーメン

鴨鍋の〆と言えば、「そば」だろって言う人がほとんどかと思いますが、今回は乾麺を使用します。

煮ること5分。

 

麺に鴨の旨味汁が染み込んでめちゃくちゃうめぇーw

ごちそうさまでした!!

↓美味しそうと思ったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
にほんブログ村

お店情報

店名  :十割蕎麦と鴨料理 かもん 新庄駅本店
TEL   :0233-32-1359
住所  :山形県新庄市多門町1-1
最寄駅 :新庄駅構内 徒歩0分
営業時間:不明
定休日:日曜営業

スポンサーリンク
おすすめの記事