かっつ
どうも、飯テロ検定保持者のかっつ(@katsu_food)です♪

将来的に薄毛で悩みたくない方や、20代で若いのに薄毛にお悩みの方にとっておきの情報があります。

すでに薄毛の症状が進行してしまっているとしても、早めに対策を行うことで、薄毛を改善できる可能性は高いです。ただ、反対に何も対策を行わなければ、薄毛の症状はどんどん悪化していってしまう危険性もあります。

薄毛で悩みたくない男性は、現在ハゲていようが、ハゲていまいが、どちらにせよ対策を行うことをおすすめします。具体的に、どのような対策が必要になるのかを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

20代の脱毛症の種類と原因

20代で薄毛になりたくないという方は、まずは薄毛の種類を知るところから始めていきましょう。
薄毛の種類にはいくつかありますが、代表的なものをまとめました。

AGA

男性の薄毛のほとんどがAGAです。AGAとは、男性型脱毛症と呼ばれるものです。ジヒドロテストステロンという男性ホルモンがヘアサイクルを乱すことによって抜け毛が増えて、薄毛の症状が日に日に進行していくものです。

FAGA

FAGAは、女性版のAGAです。女性型脱毛症と呼ばれています。AGAと同じような仕組みで薄毛が引き起きるようになっています。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、頭皮に皮脂が過剰に分泌されることが原因となる脱毛症です。食生活の乱れが影響して、頭皮に皮脂が過剰分泌されるようになることが原因です。

頭皮に皮脂が必要以上に分泌されてしまうと、毛穴に皮脂が詰まってしまいます。そのような状況になると、かゆみや炎症などの頭皮トラブルが起きます。

その結果、髪の毛が抜けていってしまうのです。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は女性に多い脱毛症です。ポニーテールなどの髪の毛を引っ張るような髪型をすると、毛根に負担となり、毛がよわよわしくなっていってしまうのです。

抜け毛が多い女性は、頭皮に負担がかかるようなポニーテールやおだんごなどの髪型を控えるようにすると良いです。髪の毛を長く伸ばすことも頭皮に負担となるため、抜け毛がひどい間は、ショートカットに挑戦してみるのも良いでしょう。

円形脱毛症

脱毛症の中でも有名なものに、円形脱毛症があります。10円ハゲと言われることもあります。

この脱毛症の主な原因はストレスだと考えられています。ストレスを感じやすい人は、定期的にストレスを発散するようにしましょう。ストレスをため込み過ぎると健康的にも良くないため、自分なりのストレス解消法を考えておくと安心です。

産後脱毛症

産後脱毛症は、女性にのみ現れる脱毛症です。その名の通り、子どもを出産した後に、髪の毛が薄くなる症状です。ただ、産後脱毛症は時間が経つと自然と治るという特徴があります。

なぜなら産後脱毛症は一時的な脱毛症だからです。出産するまでは女性ホルモンが一時的に増えます。女性ホルモンは、薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの働きをおさえる働きがあります。

つまり、相対的に髪の毛の成長期が長くなり、抜け毛が増える休止期が短くなるのです。

しかし、出産によって女性ホルモンの量が元に戻ると、出産時よりも成長期が短くなって、休止期が長くなってしまいます。要するに髪の毛が抜ける期間が長くなってしまうということです。

ただ、これは出産前の状態に戻る過渡期で起きている症状にすぎないため、出産後3ヵ月程度でもとの状態に戻ると、自然と薄毛は改善されていきます。

20代におすすめの薄毛予防・薄毛対策方法

薄毛に悩みたくない方には、生活習慣の改善をおすすめします。実は、生活習慣の乱れが薄毛の大きな原因のひとつなのです。

生活習慣が悪化すると、ジヒドロテストステロンの増加を引き起こします。ジヒドロテストステロンは薄毛を引き起こす男性ホルモンの一つです。ヘアサイクルを乱すことで薄毛・抜け毛の症状を悪化させてしまう作用をもっているのです。

この男性ホルモンの増加や、薄毛を予防するために、生活習慣をどのように改善していけばよいのかをご紹介していきたいと思います。

ストレスをため込まず、定期的に発散する

ストレスをため込むことは薄毛悪化の原因になります。なぜなら、ストレスをため込むことは、血行不良を引き起こしてしまう恐れがあるからです。

ストレスが溜まってくると、自律神経のバランスが乱れてきます。自律神経のバランスが乱れると血液が効率よく循環しなくなってしまうのです。

私たちの髪の毛は成長に必要な栄養分を、血管を通じて受け取っています。そのため、血液の流れが悪くなると、頭皮や髪の毛に栄養が行き渡りにくくなるのです。栄養が届かなければ成長が滞り、成長できなかった弱々しい毛が抜け落ちやすくなってしまいます。

このように、ストレスは薄毛に悪影響を与えるため、ため込まずに定期的に発散するように習慣づけていきましょう。

頭皮マッサージを習慣化する

頭皮マッサージは、薄毛予防、薄毛改善に効果的な行動です。なぜなら、人間の頭皮には筋肉がないため、もともと血液が停滞しやすいという特徴を持っているからです。

頭皮マッサージを行うことで頭皮の血行が促進されて、髪の毛に栄養が行き渡りやすくなります。

寝る前やシャンプー時など、自分が忘れないタイミングを決めて頭皮マッサージを習慣化するようにしてみてください。ストレス発散、リラックス効果も期待できるため、一石二鳥の薄毛対策方法方ですよ。

20代で育毛剤を使うのは早い?

薄毛対策方法として、多くの男性が実践しているものに、育毛剤があります。育毛剤が人気の理由は、育毛ケアに最適な成分が多数配合されているからです。

血行を促進する成分、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する成分、フケやかゆみ予防に効果的な成分、頭皮環境を整えるために高い効果を発揮してくれる成分など。商品によって、どの効果に力を入れているのかは異なりますが、育毛剤を使用することで、薄毛改善・予防に高い効果を期待することができます。

ただ、育毛剤の使用を考えている方の中には、自分が育毛剤を使うのは年齢的に早すぎるのではないかを思っている人も多いと思います。育毛剤ときくと30代~50代くらいの男性が使用しているようなイメージを持つ人がおおいからです。

しかし、実際には最近、特に人気の高いリグロースラボM15[ミノキシジル15%]という育毛剤を使用している方の多くは20代後半から30代前半の男性です。つまり、若い人でも育毛剤をつかうのが普通になってきているのです。逆に20代のうちに育毛剤で薄毛対策をしておかないと、30代・40代になったときに、ひどい薄毛に悩まされる可能性が高くなるかもしれません。

ちなみに、リグロースラボM15[ミノキシジル15%]は私も愛用しています。リアップの3倍のミノキシジル(発毛成分)が配合され、値段もリアップの半分で購入できるのでオススメです。

なぜならAGAは、放置しておくと悪化していくという特徴があるからです。少しでも薄毛が気になり始めた時から薄毛対策を始めておくことが大切です。年齢を気にせずに、すぐに対策を始めるようにしましょう。

副作用はない?

育毛剤や発毛剤を使うことを考えると、誰しも心配になるのが副作用。しかし、育毛剤は天然成分配合のため、副作用の心配は必要ありません。

副作用を注意する必要があるのは発毛剤に配合されている「ミノキシジル」や「フィナステリド」という発毛成分です。これらには、多毛症や肝機能障害、精力低下などの副作用のリスクがあります。しかし、これらから心配される副作用が発症する確率も実は10%もありません。

したがって、副作用を心配する必要はほとんどありません。副作用を心配しすぎるあまり、ストレスが溜まって薄毛が悪化してしまう恐れもあります。副作用が不安な方は、医薬部外品に分類される育毛剤を選ぶようにすることが大切なポイントです。

まとめ

ここまで、20代の薄毛の原因や、対策方法などをご紹介してきました。

薄毛対策のポイントは、気になった時にすぐ始めることです。放っておくと、どんどん悪化していく恐れがあります。上記では今日からできる対策方法をご紹介したので、すぐに実践してみてくださいね♪

▼「元ハゲが選ぶ育毛剤ランキング」の記事はコチラ
スポンサーリンク
おすすめの記事