どうも、かっつです♪

鱈の白子とあん肝買ってきたので、痛風丼作ってみました♪

▼おすすめの記事

スポンサーリンク

白子とは

白子(しらこ)は、主に魚類の精巣を食材とする際の呼び名。タラ、アンコウ、フグなどの成熟した白子は味が良く、酢の物、汁物、鍋物、焼き物などとして食べる。
一般的にスケソウダラの白子を助子(スケコ)・マダラの白子を真子(マコ)とも呼び、その他地方名として北海道では「タチ・タツ」(すけだち・まだち)。青森県では「タヅ」。岩手県、宮城県では「きく・きくわた」。秋田県、山形県、福井県では「だだみ」。京都では「雲子(くもこ)」と呼ばれることが多い。 焼き物・天ぷら・味噌汁・鍋の具材としても利用され、近年は海外からも輸入されている。

スポンサーリンク

あん肝とは

日本では、アンコウの肝臓を成型して蒸したものを「あん肝」と呼び、珍味と認識されている。このあん肝は「海のフォアグラ」と呼ばれることがある。 茨城県や、下関市(山口県)などが産地で、あんこう鍋で主に食される。

痛風丼の作り方(レシピ)

北海道産の鱈の白子。


「血」や「ぬめり」を流水で落としていきます。

水気をしっかり切りし、食べやすいサイズにカットします。

お湯を沸かし、70〜80度くらいのお湯に30秒くらい落として、火を通します。

30秒たったら、氷水で冷やします。

冷やしたらクッキングペーパーなどで水分を拭き取ってください。

あん肝は中国産のあん肝。

これ一本でだいたい1000円弱。

適当にカットして、丼に盛り付けて完成です。

お好みでネギや紅葉おろしとかトッビングしてください☝️

感想

白子は超クリーミー💕

あん肝はちょっと臭みがあるけど、濃厚でめっちゃくちゃうまい!!

ご飯とあん肝の相性抜群です。

👇はイクラを掛けたやつ。

ごちそうさまでした!!

美味しそうと思ったらクリックお願いします♪

にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事